「なんでもマウント」

「なんでもマウント」


マウント = マウンティング

って

よっしゃいくぞ」てな感じで、
気合が入って攻撃をしかけているイメージがあるけど

 

 




本人が"攻撃するつもりがなくても"
マウントになってることってあるんじゃないかな?と思っとる。


3個くらい浮かんだので紹介していきますね。


① 丁寧マウント

礼儀正しいの度が過ぎたver.。
旅行に行ったら必ずお土産を買ってきてくれるとか、会う前のLINEや会ったあとのLINEを必ずしてくれるとか。
状況を考えずにやると、相手がプレッシャーに感じてマウントとられとる気がする。

 


② ごめんねマウント

謝ることは良いんやけど、謝りまくると、逆に相手に「罪悪感」を抱かせることになる。「ごめんなさい」は1回だけ!相手は覚えてくれてるから!


 


③ 不幸マウント
日常で起きた残念なことや、環境や家庭のネガティブなことも、言いすぎると相手が困っちゃう。不幸を伝えるけど、相手は何もできないから、②と同じで「罪悪感」を感じさせることになる。

そう。

全部共通するのが、相手に「罪」を感じさせてしまうということ。

 



ここが難しいのよな。


相手と自分の中の「ものさし」が同じような価値観でなければ、自然にマウントとりがちになってしまう。



「口を慎んでおこう」と思って「黙る」ことも


「相手をたてよう」と思って「ほめる」ことも


ぜーーーーーーーんぶ、やりすぎると、マウントになるから注意してね。


相手をよく観察して、押し引きする。

嫌な表情をしたら、スッとひく。


……って。

 




こんな小難しいコミュニュケーションのやりかたを言われる方が、マウントとられとる気がするよね笑


それどころじゃねーよって。


 

お申込み&お問合せ

カウンセリング・コーチングについて、
少しでも気になる方、ご希望の方はお気軽にお問合せください。

SNSでも情報発信中!

SNSからも自己紹介やちょっとしたメッセージなどを発信しています。気になる方はこちらもぜひチェックしてください。

お申込み
お問合せ

紹介動画を見る

神田勇哉の