ムタさんと僕③

ムタさんと僕③

ムタさん〜最終章〜

 


まさかのムタさんが、家に入れてくれることになった。

びっくりしたのは、さっき公園行くまでに通った道の傍にあった「アパート」やったということ。

「これが僕の家だよ」とか、言ってくれたら良かったのに。

昔、中学校の時に東京で一人暮らししとったじいちゃん家に友達と3人で行った時の「アパート」に似とった。
築60年で大家さんは1階に住んどる。みたいな感じ。あぁ、あれや、オードリーの春日の「むつみ荘」みたいな感じ。

コンッコンッという割と高めの階段の音と、じいちゃんの思い出に懐かしさを感じている所で、部屋に着いた。

 


ムタさんは扉を開けて、「どうぞどうぞ」と、手招きをした。

靴を脱いで入ると、空気が「ズンッ」と重くなった。

霊感全くないんやけど、『絶対、おるわココ』ってなった‥ほんまに。

外はカラっからのいい天気やのに、部屋の中はカーテンで閉め切って、真っ暗。座れない程のモノとゴミ。

臭いがちょっとアレすぎて、「まじでどうしよう」ってなった。

「ムタさん、ここで良いです!」

と言って、カーペットの手前のフローリングに正座して座った。できる限りコンパクトに。

その姿勢で、「この2ℓのお茶は、安くて美味しいよ」って話とか、「このプレステ4は買ってから使った事ないんだよ」って話とか、

「電話で見せてくれたチョコスティックパンはこれだよ」みたいな、実りのない話をたくさんした。

息できやんくなってきて、ガチで身の危険を感じたから、「ムタさん、外にご飯食べに行きましょう!」と言い、外に連れ出した。

サイゼリヤ行ったばっかりやのに。

それから、カレー食べて三重に帰ったんやけどさ、ほんまにいい思い出やった。

 

 


《締めに入ります。》


あれが「夏の日の2019」。

あれから3年経って、ムタさんとは今でも繋がっとる。ムタさんの誕生日や、「夏」になるとムタさんを思い出すので、LINEしたりする。

 


カウンセラーとして動き始めて、一番濃い出会いやったのがムタさん。

銭湯が全く認知されていなくて、利用者さんが壊滅的に居なかったときから、こうやってお店を出せるようになった現在まで、ずーーっと関わりを持ってくれた。

人の「つらさ」は定規で測れるものでもないし、そんなもの決めるものでもない。

でも、ムタさんを越える猛烈に厳しい環境で生活しとる人には、出会ったことがない。

だからじゃないけど、一番思い入れがある利用者さんもムタさんなのかもしれやん。

しかも、3回に分けてブログを書いとるこの3週間くらいの間にムタさんからLINEが来て、嬉しかった。

 

 

近々、千葉県に会いに行ってこようと思う。

銭湯がデカなった事と、これからもデカくする為に頑張っていくこと。は、あえて言わないでおこう。

原点はいつもムタさんやし、偉そうになってしまいそうになったらムタさんを思い出すよ。という事をしゃべってくる。

あのサイゼリヤでspade
家はまじで辞めとく、梅雨やしねcheeky

お申込み&お問合せ

カウンセリング・コーチングについて、
少しでも気になる方、ご希望の方はお気軽にお問合せください。

SNSでも情報発信中!

SNSからも自己紹介やちょっとしたメッセージなどを発信しています。気になる方はこちらもぜひチェックしてください。

お申込み
お問合せ

紹介動画を見る

神田勇哉の