久々に心理について話すわ

久々に心理について話すわ

昔、付き合っていた彼女が心理ゲームをしていたことを思い出した。

アプリゲームとかネットゲームの話じゃないよ?
心理学の中である「ネガティブなコミニュケーション」のこと。

 



キックミー(私を足蹴りにして!)という意味。

「僕を叱って!」「私を怒って!」
とかそうゆうニュアンス。

例えば、小学生の息子が学校の帰り道にいつも◯んこや、拾ったゴミを持って帰ってくる。
お母さんが「辞めなさい」と言って注意しても、
まじで辞めやん息子がおるとする。

「この子、病気になってしまったの?」
「人の気持ちを考えれやん子になってしまったの?」

お母さんはショックやし、友達にもやってないかと心配になるはず。
でも、これって「お母さんのの拒絶」を誘う心理が働いとる。

他のパターンでいくと、とあるカップルのLINEのやりとり。
(以下、アメブロ 50代楽しく日々を過ごすためのスパイスさんより引用)

女性「最近、デート誘ってくれやんね」
男性「仕事が忙しくてさぁ・・ごめんな」
女性「仕事の方が大事なんやな」
男性「そんなことないって!」
女性「そんなことないって言ったって、LINEもくれやんやんか!」
男性「だから、仕事がいそがしくて時間がないやって!」
女性「もう私のこと好きじゃないやん」
男性「もういいって〜、なんでそうなるの・・」
女性「ほら、やっぱり私のことは嫌いなんやん!」

男性は「なんで分かってくれやんの?」ってなるけど、女性に試されとる。
さっきの子供と同じ現象で、愛されたい人や認められたい人に対して、

「拒絶される」ということを証明したい。

過去の経験やトラウマから

「自分は拒絶され嫌われるべき人間」

自分に対するネガティブな感情を証明したいっていう心理が働く。

息子や女性のの気持ちを代弁すると
「それでも愛してくれる?」
「それでもここに居ていい?」

この気持ちを試していることになる。

これを周りの人がどうゆう風に接すればいいかっていうと、

「心理ゲームに参加しない」

ということ。
白ひげ海賊団の白ひげが仲間のスクワードに刺されたとき、

「バカな息子を、それでも愛そう」と言って抱きしめた。

スクワードは、親父(白ひげ)の為にずっと戦ってきたのに、赤犬にそそのかされて親父(白ひげ)を心理ゲーム「キック−ミー」で試したんやと思う。

そこで白ひげ海賊団のみんなは「ぶっつぶす!!」とか言って、スクワードをボコボコにすべきやと思ったけど、白ひげは抱きしめた。

息子も女性もスクワードも、そうなりたくてなったわけじゃない!何かがあってそうなってしまっただけ。

白ひげみたいに刺されてもこんな事できるかはわからんけど、ゲームをしとる人が周りにいたら、同じセリフを言って抱きしめてあげてほしい。

「それでも、愛そう。」って。

俺もそうしたいし、
そうゆう人を救ってあげたい。

お申込み&お問合せ

カウンセリング・コーチングについて、
少しでも気になる方、ご希望の方はお気軽にお問合せください。

SNSでも情報発信中!

SNSからも自己紹介やちょっとしたメッセージなどを発信しています。気になる方はこちらもぜひチェックしてください。

お申込み
お問合せ

紹介動画を見る

神田勇哉の