「僕を仲間に入れてください!」

「僕を仲間に入れてください!」

「僕を仲間に入れてください!」

 

海賊団の船長になったような気分は初めてのこと。

 

昨日、コーチングのセッションを予約してくれた年下の男の子(キャンディーズより)が、ホームページのブログを読んでくれて、俺のビジョンに共感してくれたらしい。

 

その子のONE PIECEが好きで、俺が麦わら海賊団みたいな事業を作りたいと言った記事を見てくれたときに、

「近くにこんな人がおるんや、ここで一緒になにかをやりたい」と思ってくれたんて。

 

すっげぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーー

嬉しいよな、まじで!

 

ずっと前から事業を通して仲間づくり(家族づくり)をしたいと思っとって、それをどうゆう風に噛み砕いて言語化したら良いか分からんだけど、今は分かる。

 

「俺を信じてついてきてくれる人を助けたい。」

 

しばたーみたいに名指しじゃないよ?

「ヒカキンを救いたい」とか、「はじめしゃちょーを救いたい」とか。

 

俺は、俺を信じてついてきてくれる人やったら、どんな人でも助けてあげたい。

 

だからな、カウンセラー活動するときでも、今進めとる「デリ弁事業」や「鉢事業」もそうなんやけど、ペルソナ設定ってしやなあかんのさ。

 

ペルソナ設定は、どんな人をターゲットにするのか?を具体的に決めるってこと。

 

それを決めていく上でどんな人を助けたいんやろう?ってずっと頭抱えとったけど、今回でようやくハッキリした気がする。

 

誰でもいいんや。

 

お金を稼ぎたいとか、心理学を学びたいとか、そんなんどこでもあるし、誰でもできるやんって思う。

 

それよりも、あなたのビジョン(未来のイメージ)に賛同したいです!それが一番嬉しい。

 

だから、今回声をかけてくれたキャンディーズの子に対しても、来るもの拒まず去るモノ追わず精神でぜひぜひという形で仲間になってもらいたいと思っとる!

 

とりあえずマッサージしてもらお。

お申込み&お問合せ

カウンセリング・コーチングについて、
少しでも気になる方、ご希望の方はお気軽にお問合せください。

SNSでも情報発信中!

SNSからも自己紹介やちょっとしたメッセージなどを発信しています。気になる方はこちらもぜひチェックしてください。

お申込み
お問合せ

紹介動画を見る

神田勇哉の